ワーママ

子育て中に仕事を始めるなら在宅ワーク?実際のメリット・デメリットとは

在宅ワーク

こんにちは!うりぼーです。

今回は

「子育てをしながら新しく仕事を始めるなら、在宅ワークがおすすめだと聞きました。

実際、どんなメリット・デメリットがありましたか?」

という質問に、パート・在宅ワークの両方の経験がある私、うりぼーがお答えします。

在宅ワークのメリット

在宅ワークのメリットは、大きく分けて3つあります。

  • 時間に縛られない
  • 大きな収入を得られることもある
  • 隙間時間に家事ができる

時間にしばられない

在宅ワークの一番の強みは、時間に縛られないことです。

パートだと、始業時刻や退社時刻が決まっており、その時間に合わせて通勤しますよね。

在宅ワークでは、自宅が職場になるので、通勤にかかる時間は0!

自分の始業時刻を気にしなくていいので、心に余裕を持って子供を見送ることができます

フルタイムやパートの場合、たとえ時給制でのパート勤務だとしても、その日によって、仕事を終えて自宅に戻れる時間はまちまちです。

毎日きっかり同じ時間に帰れることなんて、なかなかありません。

在宅ワークなら、時間になったら自分で仕事を切り上げればいいだけ。

子供のお迎えの時間や帰宅時間を気にすることなく、ギリギリまで仕事に集中できるのは、在宅ワークの強みです。

大きな収入を得られることもある

パートやアルバイトでは、完全に時給制で働くので、

時給×働いた時間=お給料

となります。

在宅ワークも、同じような性質を持っていると思われがちです。

確かに、在宅ワークのほとんどが、自分が行った作業に対して、賃金をもらう仕事です。

しかし、自分の価値を提供して、見合ったお金を頂くこともできます。

正しい方法で頑張れば頑張るほど、収入を増やせるのです。

これが、パート・アルバイトとは決定的に違うポイントです。

隙間時間に家事ができる

自宅を職場としているので、仕事の隙間に家事ができます。

お昼を食べ終わって片付けるついでに、夕食の下ごしらえを進めたり、トイレに行ったついでにトイレ掃除をしたり。

仕事が行き詰まった時、気分転換に家事をこなすこともできます。

うりぼー
うりぼー
気晴らしになるし、家事が進むし、一石二鳥!

パートタイムで働いていた時、帰宅してから急いで家事をこなすのがとても大変でした。

家事にかける時間をまとめてとらなくても、自分のちょうどいいタイミングで家事ができるのは、在宅ワークの強みです。

在宅ワークのデメリット

在宅ワークには、デメリットももちろんあります。

在宅ワーママとして働いている私が、感じたデメリットを3つご紹介します。

  • 自己管理が難しい
  • 子供が家にいると仕事が進まない
  • 時給が低くなることもある

自己管理が難しい

他人の目が無いと、ダラけて仕事ができなくなってしまうかと思いきや、実はその逆。

在宅ワークで仕事をしていると陥りやすいのが、仕事に時間をかけすぎてしまうことなんです。

在宅ワークは、いつでも仕事ができるので、仕事とプライベートの時間の境目が無くなってしまいがち

仕事をするのは、この時間からこの時間までと、はっきり決めておくことが大切です。

パパ
パパ
提出期限がある仕事だったら、そうならないんじゃない?

と思うかもしれませんが、それも違います。

もっと良くできるのではないかと、時間をかけすぎてしまうのです。

提出期限がある仕事の場合は、その仕事にかける時間をきちんと決めてから取り組むことで、時間のかけすぎを防ぐことができますよ。

子供が家にいると仕事が進まない

昨年は、コロナで子供達の幼稚園が休みになることが多くありました。

子供が家にいると、日中は仕事なんてほとんどできません

できたとしても、テレビを見ている隙に30分だけ…とか。

うりぼー
うりぼー
ただ、普段ママが家で仕事をしている状況に慣れてない子供達は、ガンガン話しかけて来るんですよね。

私の場合は、子供達が寝ている間に仕事をするようにしました

朝早く起きて仕事をするか、子供達を寝かしつけてから仕事をするか。

やりやすい方ならどちらでもいいと思います。

時間が限られていると、やるべきことが見えて、集中力も増しますよ。

時給が低くてやる気を無くすことがある

例えば、ネットの記事作成を請け負った場合。

1記事当たり◯◯円という風に、単価が決まっていることが多いです。

始めのうちは、1記事作成するだけでものすごく時間がかかるので、時給に換算すると、ほんのわずかな収入に

時給が低い仕事をしている状態がしばらく続くので、モチベーションが上がらず、辞めたくなることがあります。

通常は、数をこなすことによって作業にかかる時間が減るので、時給はどんどん上がってきますよ。

うりぼー
うりぼー
自分の価値を提供できるようになれば、時給制からも抜け出せてしまいます!

在宅ワークをするなら、こんな人

  • 時間に縛られずに仕事をしたい人
  • 時給制で働くだけでなく、後々は大きな収入を得たい
  • 隙間時間を上手く使える人
  • 自己管理ができる人
  • 子供が家にいる日でも作業を継続できる人
  • コツコツと実績を積み上げていける人

上の条件に当てはまるあなた、ぜひ在宅ワークを検討してみてください!

こんな人には在宅ワークは向いていません

  • 外に出て働くのが好きな人
  • 時給制や固定給で働きたい人

上の条件に当てはまるのなら、在宅ワークは、副業として行ってみてもいいかもしれませんね。

まとめ:あなたに合った働き方ができる勤務形態を見つけてみて

在宅ワークのメリットとデメリットをご紹介しました。

在宅ワークのメリット
  • 時間に縛られない
  • 大きな収入を得られることもある
  • 隙間時間に家事ができる
在宅ワークのデメリット
  • 自己管理が難しい
  • 子供が家にいると仕事が進まない
  • 時給が低くなることもある

どんな勤務形態でも、メリット・デメリットは必ずあります。

新しい仕事を始めて、それを継続するには、あなたに合った働き方を見定めることが大切

じっくり検討して、あなたに合った働き方を見つけていきましょう。

うりぼー
うりぼー
この記事を読んで、在宅ワークについてもし何か気になることがあれば、記事下のコメント欄またはこちらから、お気軽にご連絡くださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

他にも、ワーママの家事や仕事、子育てについてまとめています。

仕事と家事と子育てを両立させたい!コツをつかんで”ゆとりある”ワーママになろう

仕事と子育て両立
仕事と家事と子育てを両立させたい!コツをつかんで"ゆとりある"ワーママになろう仕事と子育ての両立はとても大変。毎日時間に追われている状態から抜け出すには、時間を作るための工夫が必要です。 当記事は、家事・子育て・仕事の3分野に分けて、両立のコツやマインドをご紹介しています。...
ブログランキング参加中

記事が参考になりましたら、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA