算数

100までの数が身につく!朝食準備のお手伝い

100までの数が身に付く
うちの子、30ぐらいまでは数えられるようになったけど、もっと大きい数について教えてあげたいな。

そんな時には、普段、ママがささっと済ませてしまう朝食準備を、お子さんに手伝ってもらうのが効果的

実は、朝食準備の中には、数える力を身につけられる要素がたくさんあるんです!

朝食の準備のお手伝いで、お子さんに100までの数を身に付けさせる方法をお伝えします。

100までの数を身につけさせる、朝食準備のやり方は?

100ぐらいまでの数を身につけさせたい時には、食べ物を量るお手伝いがとても効果的。

量るのは、ご飯やシリアル、ヨーグルトなど。

毎日食べているもので、それぞれのお皿に盛り付けているものだったら何でも構いません。

おうちにあるキッチンスケールを使って、量を量ってもらうのです。

準備をする時は、あらかじめ、お子さんがどのぐらいの量を食べられるのか把握しておいて、キッチンスケールの上にその量を掲示しておくだけ。

始めは少し時間がかかりますが、慣れてくると楽しみながら量ってくれます。

算数の力が身につき、お手伝いをしたという自信にもつながりますよ。

朝食準備のお手伝いで身に付く力

朝食の準備のお手伝いは、こんな力が身に付きます。

  • 数を数える力
  • 数の大小
  • 0が基準となること
  • 量感

数を数える力

キッチンスケールで量ることで、30や50などの、幼児にとっては少し大きな数字に触れる機会を増やします。

表示される数字が増えていく様子を見て、1の位の変化や10の位の変化がよくわかります

20くらいまでしか数えられないのに、50なんて無理!と諦めてしまうのはもったいない!

この数字は「ごじゅう」と読むんだという体験をすることで、数字と数詞が段々一致してきて、数を理解する力につながりますよ。

数の大小を比較する力

娘
50g量りたいのに、70gになっちゃった!

こんな事態になっても、10の位を見る力や量感がついていくので、

「5と7を比べると7の方が大きいから、70の方が大きい!」

「見た目にも、いつも食べている量より多い!」

「もっと減らそう!」

という判断ができるようになります。

息子
息子
1~10までの大小比較がきちんとできるようになっていれば、大きな数になっても比べることができるようになるね!

0が基準となること

お皿をのキッチンスケールの上に置いて、0に合わせる。

この作業を、お皿を替える度に繰り替えし行うことで、量の基準が0だということを覚えていきます。

うりぼー
うりぼー
長さを測る時にも、比較するときにも、0が基準になるという概念は大切!小さい頃から体験で身につけて欲しいですね。

量感

手を動かしながら数字の変化を見ることができるので、量を増やしたら大きい数字になり、量を減らしたら小さい数字になることが、段々とわかってきます。

そして、自分のお皿に「このぐらいの量を盛り付ければちょうどいいんだ」ということもわかってきますよ。

慣れてきたら両親の分や兄弟の分もお手伝いしてもらうことで、それぞれの必要な量が違うことに気づき、様々な数に触れることができますね。

うりぼー家の実践記録~シリアル編~

ここからは、我が家の子供達が実際に取り組んだ様子をご紹介します。

我が家では朝食にシリアルを食べるので、シリアルを取り分けるお手伝いをしてもらっています。

好きなだけ盛らせるととんでもない量になってしまうので、キッチンスケールで適切な量を量るようにしてみました。

準備するもの

準備する物

  • シリアル
  • スケール(デジタルでOK)
  • いつも使ってるお皿
  • 大きめの器
  • 大きめのスプーン(うちはレンゲを使っています)
  • お子さんが食べるシリアルのグラム数を書いた紙

実際に量ってみよう

  1. シリアルの袋から大きめの器に移します。ここは大人がやってもOKです。
  2. スケールの上にいつも使っているお皿を置きます。
  3. 0に合わせます。
  4. スケールの数値が表示される部分の近くに、必要な量を書いた紙を置きます。0に合わせる
  5. 大きめの器から、スプーンを使って自分のお皿に移します。移す
  6. こぼしたり、多く盛りすぎたり、少ない量からなかなか増えなかったり…試行錯誤しながら、頑張って量る様子を優しく見守りましょう。減らす?増やす?

現在の息子(4歳)の様子

自分のお皿をスケールの上に置いて、0に合わせることができています。

自分のグラム数の紙を選んで、スケールの上に置くこともでるようになりました。

お手伝いをやり始めた頃は、10g以上の差があっても少しずつ慎重に入れていた息子ですが、最近では、1の位を調整する時のみ慎重になります。

10の位が違うときには、大胆に入れたり出したりしてもいいことを学んだようですね。

増やせばいいのか減らせばいいのかの判断も、自分でできるようになってきました。

うりぼー
うりぼー
食いしん坊なので、量った後に少しおまけを入れるところが可愛いです。

現在の娘(3歳)の様子

始めのうちは、シリアルを入れた状態でスプーンを移動させることが難しく、ポロポロこぼしながらやっていました。

数字に着目するよりも、お皿からお皿に移す作業を楽しんでいる感じでしたね。

いつも盛りすぎて減らすことになり、その際に数の大小を尋ねていった結果…

うりぼー
うりぼー
今はメキメキ上達して、一人で量れるようになりました!

量るお手伝いの他に、1から10までの数についての練習を取り入れていた効果もあったようです。

お手伝いを発展させるには?

  • 家族の分もやってもらう
  • グラム数を選ばせる
  • 自分のグラム数を微調整する

お子さんが自分の分を量れるようになったら、家族の分も取り分けてもらいましょう。

家族の分もできるようになったら、数を書いた紙が2枚、3枚…と増えていきます。

その中から適切な紙を選ばせてみましょう。

この時、数字と数詞の一致がまだ不十分な子には、「パパは〇gだよ。どれかな?」と問いかけてみます。

「パパは何グラムかな?」という聞きかたをして、家族の適切な量を選べるようになったら、次のステップ。

自分のお腹の空き具合によって、量を調節してもらいます。

お子さんがいつも食べる量の+5g、-5gのグラム数を書いた紙を用意して、選ばせてみましょう。

まとめ:朝食の準備で、算数の力と自信を一気につけさせよう

朝食準備のお手伝いは、まだできることが少ない幼児でも、実践しやすいお手伝いの1つ。

数える力が身につき、自分で盛り付けた!という達成感に繋がります。

お皿やキッチンスケールなど、必要な物を手の届く場所に置いておけば、準備から全て自分でできるようになるので、ママの負担が減りますよ

忙しい朝の時間ですが、時間に余裕のある休日の朝や、少し早起きができた日の朝などに、ぜひ試してみてくださいね。

 

10~30の数については、コチラの記事で詳しく紹介しています。

10~30までの数
10以上30までの数を教えたい!数える力を育てるお手伝い3選!10までの数は理解できているけれど、10以上の数の理解がなかなか進まない…。 うちの息子も同じ状態でした。 しかし、お手伝いや遊びを...
ブログランキング参加中

記事が参考になりましたら、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA