暮らし PR

サラダ油とキャノーラ油、その違いと健康への影響は?

サラダ油とキャノーラ油、その違いと健康への影響は?
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

サラダ油とキャノーラ油、これら二つの油にはどのような違いがあるのでしょうか。

また、「サラダ油」という名前にはどんな意味があるのでしょう。

キャノーラ油は、一般的に知られる菜種油と同じ種類の油なのでしょうか?

そして、健康を考慮する際、どちらの油を選ぶべきなのか、ここでその疑問を明らかにします。

まずは、サラダ油とキャノーラ油が何から作られているのかを見ていきましょう。

そして、健康に配慮して油を選ぶ際のポイントをご紹介します。

植物油を使用する上での重要なアドバイスも併せてお伝えします。

これらの重要なポイントを分かりやすく説明していきます。

キッチンでよく使われるサラダ油とキャノーラ油の違いについて

油

スーパーマーケットの油売り場に行くと、様々な種類の油が並んでいます。

サラダ油、キャノーラ油、オリーブオイル、ごま油、大豆油、菜種油、ひまわり油、ココナッツオイル、亜麻仁油など多様な油があります。

特にサラダ油とキャノーラ油は、その穏やかな味わいで日々の料理に頻繁に使用されています。

見た目は似ているこれらの油には、どのような違いがあるのでしょうか。

サラダ油とは

サラダ油は精製された植物由来の油です。

レシピに「サラダ油大さじ1」という表記がよくあります。

日本の家庭で広く使われているのがこのサラダ油です。

特定の原材料を使った植物油は、日本農林規格(JAS)に従って「サラダ油」と名付けられています。

「サラダ」という名前の由来や背景について詳しく見ていきましょう。

「サラダ油」という名称の由来は?

サラダ油は、実は日本独自で開発された特別なオイルです。

1924年、日清オイリオが「日清サラダ油」という製品を市場に投入しました。

これがサラダ油の起源となります。

その当時、欧米ではすでにオイルを生のサラダのドレッシングとして使用する文化が根付いていましたが、日本ではまだそのような食習慣が浸透していませんでした。

そこで、日清オイリオは生野菜に合う食用油の開発を行いました。

その結果、透明で冷やしても白濁しない高品質な食用油が開発され、「サラダ油」という名前で販売が開始されました。

これが「サラダ油」という名称の由来です。

サラダ油の特長

サラダ油は、元々ドレッシング用途に合わせて開発された油です。

そのため、低温であっても濁りにくく固まりにくい特性を持っています。

これは、油に含まれている天然の蝋成分を取り除くことで達成されています。

日本では、「日本農林規格(JAS)」によりサラダ油の基準が定められています。

JASの基準では、サラダ油は0℃で5.5時間放置しても濁らないことが要求されます。

これにより、サラダ油は冷蔵庫でのドレッシング保管や揚げ物などにも適した、非常に用途の広い油であると言えます。

サラダ油の成分とは?

サラダ油は多くの種子から作られています。

植物油の中で特定の種子を用いた油は、「日本農林規格(JAS)」に基づいて「サラダ油」と認定されています。

主に使用される種子は以下の通りです。

  • 菜種
  • 綿実(綿の種)
  • 大豆
  • ごま
  • ひまわり
  • トウモロコシ
  • サフラワー(紅花)
  • 米油

これらの原材料のうち一つ以上を使用して作られた油がサラダ油に該当します。

また、複数の原材料を組み合わせた「調合サラダ油」もあります。

つまり、植物油はサラダ油とその他に分けられるということです。

サラダ油の用途

サラダ油はサラダドレッシングやマヨネーズの原料、マーガリン製造、揚げ物や炒め物、せんべいなどの味付けに使用されることが多いです。

例えば、せんべいやスナック菓子に見られる「サラダ風味」という表現は、実際には野菜サラダの味ではなく塩味のことを指します。

この表現は、せんべいや菓子の生地を焼いた後にサラダ油を塗り、その上に塩を振ることから生まれました。

1960年代に「サラダ風味」の名前が使われ始めた当時、サラダ油は高級品として扱われていたため、商品のイメージを高めるために「塩味」とは異なる名称が使われていました。

サラダ油のカロリーは?

サラダ油のカロリーは、大さじ1(12g)あたり約111kcalです。

100gでのカロリーは約921kcalとなります。

キャノーラ油とは何か?

キャノーラ油は、キャノーラという植物から作られる油で、実は菜種油の一種です。

この油の主原料となるキャノーラは、カナダで開発されたアブラナ科の植物です

キャノーラ油は菜種油の一種であるとも言えますが、日本ではキャノーラ油と菜種油は別々に区分されて扱われています。

キャノーラから得られる油は、サラダ油の範疇にも含まれると考えられますが、サラダ油とキャノーラ油の間にはある程度の曖昧さがあります。

サラダ油にキャノーラを使用したものが含まれることもあるため、この点を理解すると整理しやすくなります。

キャノーラという名前の由来

キャノーラ油の名前は、「カナダ(CANADA)」と「油(OIL)」を組み合わせて作られたものです。これは、「カナダで生まれた油」という意味を持っています。

キャノーラ油はカナダ経済の発展に大きく貢献し、カナダの代表的な産品の一つとも言えます。

キャノーラ油の使用方法

キャノーラ油はその風味が良く、高温調理にも適しています。そのため、炒め物や揚げ物などの料理に頻繁に使用されます。

キャノーラ油のカロリー

キャノーラ油のカロリーは、サラダ油と同じく大さじ1(12g)で111kcalです。

他の食用油も同様のカロリー計算がなされます。これには以下のような油も含まれます。

  • ごま油
  • オリーブオイル
  • ラード(動物性油)

大サラダ油かキャノーラ油か、どちらを選ぶべき?

油

食用油には大きく分けてサラダ油とその他の油がありますが、サラダ油とキャノーラ油、どちらがより優れているのでしょうか?

実際のところ、キャノーラ油とサラダ油のどちらが絶対に優れているとは言い切れません。

なぜなら、両者とも植物由来の油であり、成分上の大きな違いはありません。

キャノーラ油は一時期、健康に良いとして注目を集めましたが、サラダ油と比較しても成分的に大きな差はないのです。

どちらの油も風味が穏やかで、低温で凝固しにくい特性を持っているため、ドレッシングや炒め物、揚げ物など様々な料理に使えます。

キャノーラ油の注目すべき点

  • オレイン酸を豊富に含んでいる
  • 従来のなたね油よりも多くのビタミンEが含まれる

キャノーラ油が健康に良いとされる理由の一つは、オレイン酸を豊富に含んでいるためです。

オレイン酸には、悪玉コレステロールを減らしながら善玉コレステロールのレベルを維持する効果があります。

善玉コレステロールは、体内で生成される過剰な中性脂肪を除去し、悪玉コレステロールの受容体の働きを抑えることで、動脈硬化のリスクを減らす役割を担っています。

また、キャノーラ油には従来のなたね油よりも多くのビタミンEが含まれ、酸化に強いという特性があるため、栄養補助や抗酸化剤としても広く利用されています。

サラダ油とキャノーラ油を摂取する際の注意点

サラダ油とキャノーラ油は、どちらも「トランス脂肪酸」を含んでいます。

トランス脂肪酸は冠動脈疾患のリスクを高めることが知られているため、これらの油の摂取量には注意が必要です。

また、サラダ油とキャノーラ油にはリノール酸も含まれています。

リノール酸はコレステロールを減少させる効果がありますが、悪玉コレステロールの減少と同時に善玉コレステロールも減少する可能性があります。

健康を考えると、サラダ油とキャノーラ油の過剰摂取は避けるべきです。

栄養バランスを考慮して、これらの油に偏らずに、他の種類の油もバランスよく摂取することが望ましいでしょう。

まとめ: サラダ油とキャノーラ油、健康に良いのはどっち?

油

サラダ油は日本で独自に開発された特別なオイルです。

この油はドレッシング用として開発され、低温でも透明さを保つために元々含まれていた天然の蝋成分を取り除いています。

一方、キャノーラ油はカナダで品種改良された菜種から作られており、菜種油の一種と見なされていますが、品種の違いから日本では別々の食用油として扱われています。

キャノーラ油は菜種油の一種としても考えられるため、サラダ油の範疇にも入ります。

サラダ油とキャノーラ油はどちらも植物由来の油であり、どちらが優れているとは一概には言えません。好みに応じて選ぶのが良いでしょう。

健康を考慮すれば、どちらの油も過剰摂取は避けたいです。

見た目や味に大差はないかもしれませんが、詳しく調べるとそれぞれの違いが見えてきます。

日々の食生活で油は重要な役割を果たしていますから、健康を意識しながら、さまざまな油を使い分けて料理を楽しむことが大切です。

ブログランキング参加中

記事が参考になりましたら、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA