プロフィール

うりぼー
うりぼー
初めまして!うりぼーです。

私は、元小学校教諭で30代の2児ママです。

現在は、海外でブログを書いて暮らしています。

教職歴は7年。
小学校教員の他に、中学校非常勤勤務や中学生の塾講師、家庭教師も経験しています。
専門は、算数教育と特別支援教育。

自身の子育てでは、手や体を動かして、体験することを大切にしています。

子供達は、お腹にいる時から絵本の読み聞かせを100冊、産まれてからも読み聞かせに力を入れた結果、読書好きな子に育ちました。
私自身も本を読むことが好きなので、子育てや教育関連の本を読んで最新の教育情報を取り入れながら、ブログを書いています。

この記事では、なぜ私が仕事を辞めて、ブログを書き始めたのかについてお話します。

私には、子育てしながらフルタイムで仕事なんて絶対にできない…!そう確信した小学校教員時代

新学期が始まり、入学してきた一年生も少し学校に慣れ始めてきた頃。

小学校で働き始めて6年目の私は、いつものように子供達を玄関で見送り、一息つこうと職員室に向かいました。

職員室に近づくと、廊下で電話をする声が聞こえました。

その声の持ち主は、年度が変わって異動してきた、2歳と4歳のお子さんを持つワーママ先生でした。

新年度が始まって1ヶ月半。

私は、彼女が電話をする場面を何度か目にしていました。

彼女は、育休が明けて、4月から仕事復帰したばかりです。

私よりも2、3歳年上ですが、小動物のような可愛らしい雰囲気を持った女性で、私と同じくらいか、私よりも若く見えます。

その見た目とは反対に、よく通る声で論理的に物事をまとめて話す、しっかりと芯の通った方でした。

彼女はテキパキと仕事をこなし、頼めるところは人に頼んで、自分ができることは進んで引き受けていました。

そんな仕事のできる彼女ですが、旦那さんの両親に頼って、何とか仕事をしている状態でした。

ちょうど上の子の妊娠がわかったばかりの私は、毎日彼女の姿を見ながら、こう思っていました。

うりぼー
うりぼー
私には、子育てしながらフルタイムで仕事なんて、絶対にできない…! 

子供を産んでも教員としてフルタイムで働くには、

・仕事ができること
・同僚にうまく頼れること
近くに頼れる親族がいること

これらが揃っていないと無理だということが、目の前で証明されていました。

うりぼー
うりぼー
子供が少し大きくなったら、何とか働けるんじゃないだろうか…?

妊娠前はそんなことを考えていましたが、これは無理だなと確信。

私の教員生活は、終わりました。

しかしながら、まだ教職に未練があった私。
2人目を産んだ後に、また働き始めました。

寝顔を見て「ごめんね…」と何度も謝りながら過ごした、パート勤務ワーママ時代

下の子が生後半年になったタイミングで、パート勤務のワーママになりました。

選んだのは、またしても教育現場。

中学校で授業の補助をすることにしました。

 

久々の仕事、久々の学校。

張り切って挑みましたが、同じ教育現場でも、小学校と中学校では勝手が全然違います。

教職経験者だから、知ってるのが当たり前!と思われている中学校用語がさっぱりわからず苦労したり…

これは本当に私がやることなのか?と疑問に思いながらこなす仕事が多く、やりがいを感じられなかったり…

保育園1年目の子供たちが風邪をもらってくることが多く、しかも兄弟で移し合うので、欠勤や早退が多くなったり…

「時短だから、いけるでしょ!」と思っていた自分の認識が、ベタ甘だったことを痛感しました。

 

時間給で働いていたため、仕事を休んだ分だけお給料は減ります。

仕事を休むことが多くなったので、私が稼いだ金額から保育園費用を引いたら、ほんの少ししか残りませんでした。

お金は稼げないし、やりがいは感じられないし、子供達は風邪ばかりひいて可哀想…。

そして何より、子供達と一緒に過ごす時間が減ってしまった…。

まだまだ母親と一緒にいたい時期なのに…

下の子なんて、まだ赤ちゃんなのに…

うりぼー
うりぼー
貴重な時間を使って、私は一体何をしているんだろう?

ワーママなんて、止めたらよかった。

この先、何年もこんな生活するなんて、考えられない。

でも、止められないんだ。

こんな生活で、ごめんね。

もっとママと一緒にいたいのに、ごめんね。

子供達の寝顔を見て、時には涙を流しながら、心の中で「ごめんね」を繰り返していました。

 

1年目を乗り越えたら、きっと楽になる…

もうすぐ保育園の無償化も始まるし、手元に残るお金が増える。それまでの我慢だ…。

こう自分に言い聞かせながら、仕事と子育ての両立に奮闘していたある日、旦那から転勤の話が!

結局私は1年でパート勤務を辞め、今では、自宅でインターネットを活用した仕事をしています。

なぜこのブログを始めたのか?

このブログを書き始めたのは、旦那の転勤が決まり、これからの自分の人生について考えていた頃。

ちょうど、子育てしながら仕事をしていた時期だったので、

うりぼー
うりぼー
私の経験が、子育ても仕事も頑張る女性の役に立てばいいな!

という思いでブログを開設しました。

私の学びや経験をシェアすることで、あなたの子育てや教育の役に立つことができれば幸いです。