暮らし PR

メルカリでの即日発送リクエスト対応のコツと具体例

メルカリでの即日発送リクエスト対応のコツと具体例
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
メルカリで、すぐに発送して欲しいと言われた…。リクエストに対応しても大丈夫?

メルカリのコメントで、「早めに発送して欲しい」と頼まれることはよくありますよね。

この記事では、以下の内容を紹介しています。

  • メルカリで即日発送のリクエストは一般的?
  • 速やかな発送を望む顧客のリスク
  • 即日発送要求への対処法
  • 注文後に急ぎの発送を求めるユーザーへの接し方

メルカリでの即日発送リクエストに対する対応方法を知りたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

メルカリで即日発送要求が来たら?注意が必要!

注意

メルカリを利用していると、以下のような要求が寄せられることがあります。

急いでいます!明日届けられますか?
早めに欲しいのですが、いつ発送可能ですか?

こうした即日発送の要求はメルカリでは珍しくなく、速やかな商品到着を望む人が多いです。

しかし、急ぐ顧客との取引はトラブルの原因になりやすいので注意が必要です。

急ぐ顧客との取引は慎重に

急いでいる顧客との取引はリスクを伴います。

なぜなら、急ぐ顧客はトラブルを引き起こしやすいからです。

発送に時間がかかることがあるため、特に翌日発送が約束できない場合があります。

また、多くのユーザーが「オンライン通販は速く届く」と考えがちですが、実際は配送状況により遅れることもあり、この点を理解しないユーザーが問題となることもあります。

オンライン販売の発送における不確定要素

オンラインショップや個人出品者が迅速に商品を梱包・発送しても、物流の過程で発生する問題が配送の遅れに繋がることは否めません。

以下は、物流過程で起こり得る一般的なトラブルの例です。

物流トラブルの例

  • 荷物の紛失
  • 荷物の破損により配送が遅れる
  • 誤った仕分けで荷物が間違った場所へ送られる
  • 配達員が配送先を間違える

出品者がいくら迅速に対応しても、これらのトラブルは物流業者側で発生する可能性があります。

トラブルが発生すると、物流業者ではなく出品者に対して購入者からのクレームが来ることがあります。

購入者は「発送と販売の責任は出品者にある」と考えがちで、配送業者の選定も出品者の責任とみなされることもあります。

商品が物流業者に渡った後は、出品者には配送速度をコントロールする手段がありません。

つまり、購入者の手元に商品が届くまでは予測不可能な状況が生じうるのです。

急ぎの要望への対応と理解の重要性

翌日配送を指定されても、物流のトラブルで配送ができなかったケースはよくあります。

商品を早く受け取りたいと望む顧客は、商品が予定通りに届くことを最も重視しています。

何かしらのトラブルで予定通りに配送ができなかった場合、クレームが発生したり、低評価のレビューが書かれたりする可能性が高いです。

そのため、オンラインショップやフリマアプリでの販売では、急ぐ顧客に対して慎重な対応をすることが大切です。

メルカリにおける即日発送リクエスト対応マニュアル

メルカリで、出品者が即日発送のリクエストに対応する方法を詳しくご紹介します。

状況に応じたおすすめの対処法を以下の3つにまとめました。

  • 納期内の配送が可能な場合
  • 配送に時間はかかるが、納期内に届く可能性がある場合
  • 納期内の配送が困難、もしくは自信がない場合

納期内の配送が可能な場合

段ボール

時々、「●日までに必要ですが、間に合いますか?」という購入前の問い合わせがあります。

商品が納期内に届くことが確実であれば、購入を承諾するのが良いでしょう。

返信例

このような場合、次のような返信が適しています。

お問い合わせいただきありがとうございます。
商品は【発送日】(今日・明日など)、【配送方法】(ゆうパック等)を用いて発送を予定しています。
これにより、●●県へのお届けはおおよそ◎日を目安にしています。
ただし、配送状況により配送日が変わる可能性があることをご了承ください。
それでは、商品は【発送日】に発送いたします。
内容をご確認の上、ご購入をご検討いただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

ここで重要なのは、次の点をしっかりと伝えることです。

返信に含めるべきポイント
  • 発送予定日
  • 利用する配送方法
  • 予定されている配送予定日
  • 配送日が変わる可能性に関する注意
  • 購入を検討する前に内容を確認するよう依頼すること

重要情報の的確な伝達

急いでいる顧客にとって、発送日、配送方法、予定されている到着日は非常に重要な情報となります。

購入の確認を行う際には、これらの情報を必ず伝えることが必要です。

また、予め予定していた日付以外での発送や、別の配送方法を利用することは避けるようにしましょう。

注意事項の通知と購入判断のゆだね

さらに、配送過程で予測できない事態が発生する可能性があるため、希望した日時での配達が必ずしも保証されないことを明確に伝えることが大切です。

「配送日が変更になる可能性がある」という旨を必ず伝えるべきです。

最終的には、「全ての情報を確認した上で、ご自身の判断で購入してください」と顧客に伝えることが重要です。

絶対的な保証は避け、購入の最終決定は顧客に任せるようにしましょう。

配送に時間がかかる方法を選択した場合の対応

時間

到着まで時間がかかる配送方法を利用する際、商品がユーザーの希望する日までに届くかどうかは不確定です。

例えば、以下のような配送方法は時間がかかります。

時間がかかる配送方法
  • 定形郵便
  • 定形外郵便
  • クリックポスト
  • ゆうパケット

これらの方法では、最長で一週間ほど配送に時間がかかることもあります。

そのため、指定日までの確実な到着を約束せず、必要に応じて配送方法の変更を提案することが良いでしょう。

返信例

このような場合の返信例は以下の通りです。

お問い合わせいただきありがとうございます。
商品は【発送日】(今日・明日など)、【配送方法】(ゆうパケットなど)での発送を予定しています。ただし、この方法では発送から到着まで最大で1週間ほどかかることがあり、確実な到着日の保証はできかねます。
もしより速い配送をご希望であれば、「ゆうパック」への変更も可能です。その場合は追加料金+●●円が必要となります。
配送方法の変更をご検討される場合は、ご購入前にご連絡ください。
何卒よろしくお願いいたします。

この場合、迅速な配送を希望されるユーザーには、より速い配送オプション(例:ヤマト宅急便、ゆうパック)を提案します。

追加料金が発生するため、価格の変更が必要になることを伝えることが大切です。

また、ユーザーが指定日までに商品を確実に受け取りたい場合は、追加送料の支払いを選択することも考慮に入れるべきです。

配送方法の変更を望まない場合の対応

提案した通りに配送方法の変更について尋ねたところ、ユーザーから「配送方法の変更は必要ない」という回答が得られることもあります。

そのような場合は、次のように伝え、ユーザーが指定した配送方法で発送を行います。

返信ありがとうございます。
ご指定いただいた【ゆうパケット】での発送を進めさせていただきます。
ただし、以前にお伝えしたとおり、ゆうパケットでは発送から到着まで最大で1週間、場合によってはそれ以上の時間がかかることがございます。
もし指定日に商品が届かない場合でも、こちらでは責任を負いかねますのでご了承ください。
商品発送の準備を進めさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

この対応では、「指定された配送方法を変更しないが、指定日までに届かなかった場合の責任は負いかねる」という点を明確に伝えることが肝心です。

配送に時間がかかる可能性がある場合でも、クレームを未然に防ぐためには、予めこのような情報をユーザーに伝えておくことが重要です。

指定日に届けられない、または自信がない場合の対処法

断る

たまに、「明日の午前中までに欲しい!」などの実現不可能なリクエストをするユーザーがいます。

このような場合、適切に断ることが大切です。

最も早い発送を試みても、配送状況は運送会社に左右されるため、確実な到着日時の約束はできません。

さらに、購入後のトラブルを避けるため、現実的でない要求は明確に断るべきです。

返信例

このような状況に対する返信例は次のとおりです。

お問い合わせいただき、ありがとうございます。
現在の配送方法では、●●県から●●県への翌日配送が難しい状況です。
残念ですが、ご希望にそえないことをお詫び申し上げます。ご理解いただけると幸いです。
日時指定がなければ、本日中の発送が可能ですので、ご検討ください。

お問い合わせありがとうございます。
明日の到着をご希望されていますが、残念ながら現在の配送方法では数日かかる見込みです。
この点、ご了承いただけますようお願いいたします。

ご連絡ありがとうございます。
明日午前中の到着をご希望されていますが、現在の発送方法では日時指定ができず、お届け日の確約が難しいです。
申し訳ございませんが、日時指定がない場合はご購入をお待ちしております。よろしくお願いいたします。

クレームを未然に防ぐため、配送の約束ができない場合ははっきりと伝えることが重要です。

特に急いでいるユーザーは到着日時に非常に敏感で、少しの遅れもクレームや低評価の原因となることがあります。

出品者としては、特定の日時までの配送を約束することは避け、もし約束してしまうと配送状況を厳しく監視しなければならなくなります。

到着が遅れる可能性のリスクも踏まえ、返信を慎重に行うことが求められます。

メルカリで、急ぐ顧客が購入後に到着希望を伝えた際の対処法

スマホを見て驚く女性

通常、商品を急ぐユーザーは購入前に配送日に関する質問をしますが、購入後に「今日中の発送は可能ですか?」などと突然の要求をすることがあります。

出品者としては戸惑うかもしれませんが、次のような対応をおすすめします。

例:ゆうパケットで発送する商品で、購入後に「明日の到着を希望」と連絡が来た場合

ご購入いただきありがとうございます。ただし、この商品は送料を含めてゆうパケットでの発送となります。
ゆうパケットは通常の郵便と同じ扱いで、発送から到着まで数日から1週間程度かかる場合があります。そのため、配送状況によってはご希望に沿えないこともございますが、ご了承いただければ幸いです。
商品の発送は本日中を予定しております。今後ともよろしくお願いいたします。

この返信で重要なのは、以下の二点を明確に伝えることです。

  • 商品が送料込みであるため、配送方法は出品者が決める
  • 到着日を保証はできないが、可能な限り早く発送を試みる

これらを伝えることでユーザーは状況を理解しやすくなります。

フリマアプリの規定により、通常は購入後のキャンセルができないため、要望に完全に応えられなくても取引は続行されます。

出品者は、商品を発送し、お互いに評価を交換することで取引を完了させます。

そのため、配送日に関しては適切に断りを入れ、丁寧なメッセージで対応し、商品を発送することが望ましいです。

返信メッセージの要点

このメッセージで特に伝えるべきことは、以下です。

  • 商品が送料込みであるという事実
  • 到着日の保証はできないが、迅速な発送を目指す意志

これらを伝えることで、ユーザーは状況を理解し、出品者の対応に納得しやすくなります。

まとめ:メルカリで即日発送のリクエストには慎重に対応しよう

スマホ

フリマアプリを利用する際、商品を急いで手に入れたいというユーザーからの購入前のコメントが頻繁に寄せられます。

商品を指定された日までに配送できる場合は快く対応可能ですが、配送日の約束が難しい場合は特に注意が必要です。

急ぐユーザーの要望を無理に受け入れて取引を進めるよりも、丁寧に断ることが時には良い選択です。

無理に取引を進めると、予期せぬトラブルに繋がるリスクが高まります。

急いでいるユーザーは商品の到着を強く望んでいるため、予定通りに配送が行われないとクレームの原因となることがあります。

そのため、自分自身を守るためにも、取引をするべきかどうかは慎重に判断することが大切です。

ブログランキング参加中

記事が参考になりましたら、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA