暮らし PR

レターパックの「様」表記、どう対処する?消す方法と覚えておきたいマナー

レターパックの「様」表記、どう対処する?消す方法と覚えておきたいマナー
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

レターパックは、郵便局が提供するA4サイズ、重さ4キロまでの荷物を一律料金で送ることができる便利なサービスです。

このサービスを利用する際に使用する封筒には、「届け先」と「依頼主」の記入欄が設けられています。

レターパックを使う際、多くの人が気になるのが、依頼主の名前の後に付けられている「様」の取り扱いです。

例えば、自分自身が依頼主である場合に、この「様」を消すべきかどうかという問題です。

実際のところ、依頼主の名前の後の「様」を消すことは、一般的に良いマナーとされています。

この記事では、「様」をどのように消すべきか、また他に気を付けるべきマナーについてもご紹介します。

適切なマナーを身につけることで、相手に好印象を与えることができます。

この機会に、ぜひマナーを覚えておくことをおすすめします。

レターパック利用時の「様」の扱い、ビジネスシーンでのポイント

投函

レターパックは、宛名や差出人の情報を書き込むための専用欄を備えており、通常、これらの欄には「様」という敬称が予め印刷されています。

宛先の場合、一般的に「様」のままで送るのが普通ですので、ここに関して問題はありません。

しかし、自分自身の名前の後に「様」が付いていると、違和感を覚えることもあるでしょう。

郵便局から見れば、依頼主も受け取り手も顧客です。

そのため、「レターパックサービスを利用している顧客」という意味で「様」と記載されています。

この理由を知れば、違和感は薄れるかもしれませんね。

ビジネスシーンにおいてレターパックを使用する際に、「様」を消すべきかという疑問ですが、ビジネス利用では「様」を消すことが望ましいとされています。

以下で、ビジネスシーンでレターパックを利用する際になぜ「様」を消すべきなのか、その理由を解説します。

そして、レターパックとは具体的にどのようなサービスかも簡単にご紹介します。

レターパックの種類とその特徴!レターパックライトとレターパックプラス

指

レターパックは、A4サイズで最大4キロまでの荷物を全国一律の料金で送ることができる郵便サービスです。

このサービスには、郵便受けに配達される「レターパックライト」と、直接手渡しで届けられる「レターパックプラス」という二つのタイプがあります。

レターパックライトとプラスの主な違いは以下のとおりです。

レターパックライト

サイズ: 340mm×248mm(A4ファイルに対応)
重量: 最大4キロ
厚さ: 最大3センチ
配達方法: 郵便受けに投函
料金: 370円(2024年2月現在)

レターパックプラス

サイズと重さ: レターパックライトと同様
厚さ: 3センチ超でも封ができる範囲ならOK
配達方法: 直接手渡し(受取印か署名が必要)
料金: 520円(2024年2月現在)

どちらのタイプも追跡サービスが付いており、速達郵便と同じ速さで週末も含め配達されます。

サイズと重量の規定内であれば、書類だけでなく衣類などの物品も送ることが可能です。

ビジネスシーンでは、カタログや書類の送付に特に便利で、頻繁に利用されています。

うりぼー
うりぼー
私も先日、会社から届いた入社書類をレターパックプラスで受け取りました。

重要な書類だったので、直接手渡しのプラスで受け取りましたよ。

ビジネスシーンでのレターパック利用、「様」の正しい扱い方

ビジネス

レターパックは、ビジネスにおける書類や小物のやり取りに大変便利なツールです。

しかし、ビジネスシーンで使用する際には、依頼主の名前の後に付けられる「様」を消すという重要なマナーが存在します。

日本のビジネス文化では、細かいマナーが重要視される傾向にあります。

そのため、依頼主の名前の後の「様」を消すことは、企業の細やかな配慮と丁寧さを表す行為となります。

うりぼー
うりぼー
企業の印象は、こうした小さな行動一つによっても左右されることがあります。

ビジネスシーンでレターパックを使用する際は、その行動が会社の評価に影響を与えうることを意識し、適切なマナーを守っていきましょう。

個人使用時の「様」に関するマナー

投函

個人間でレターパックを利用する場合には、ビジネスシーンほど厳格なマナーを守る必要はありません。

しかし、依頼主の名前の後の「様」を消すことは一般的に知られたマナーとなっています。

「様」を残したままだと、一部の人からは「常識がないのではないか」と見られることもあるかもしれません。

もちろん、このマナーを知らなかった場合には仕方がありませんが、知っていれば消しておくのがよいでしょう。

大切なのは、マナーを守ることによって相手に良い印象を与えることです。

うりぼー
うりぼー
たとえ注意されることがなくても、相手に好感を持ってもらうための小さな配慮は有効ですね。

レターパックの「様」の正確な消し方と守るべき他のマナー

注意

レターパックを利用する際には、差出人欄に印字された「様」を消すのが基本的なマナーです。

また、レターパックの依頼主欄には、他にも守るべきマナーがあります。それらにも注意が必要です。

「様」の消し方や、他のマナーについて紹介します。

「様」は定規を使って二重線で消す

「様」を消すには、シンプルに二重線を引くだけで十分です。

しかし、フリーハンドではなく定規を使って、きちんとした線を引くことが推奨されています。

依頼主の「おところ」「おなまえ」「ご」を消す

レターパックには「おところ」「おなまえ」「ご」という丁寧な表現が印字されていますが、これらを消すことでより謙虚な印象を与えることができます。

消し方は「様」と同様、二重線を引きます。

住所を省略しない

個人間でのやり取りでは問題になりにくいですが、ビジネスシーンでは住所を省略せずに正確に書くことがマナーとされています。

個人利用時も省略せずに書く方が礼儀正しいとされます。

依頼主欄は完全に記入する

郵便局の規定では、名前と住所の記入が必須とされており、記入されていない場合は受け取りを拒否されることがあります。

また、受け取る側にとっても、依頼主が不明な荷物は受け取りたくないという不安があります。

そのため、配達拒否や受取側からの拒否を避けるためにも、正確な記入が重要です。

これらのポイントは、特にビジネスシーンでは意識すべきマナーです。

知っておいて損はないため、ぜひこの機会に覚えておくことをお勧めします。

レターパックの「様」を「御中」に変える場合

御中

これまで、レターパックの依頼主欄のマナーについて詳しく見てきましたが、お届け先の敬称にも注意が必要です。

レターパックではお届け先に「様」と予め印字されていますが、これは個人宛ての際はそのまま使っても問題ありません。

しかし、お届け先が企業の場合、特に申込書などを送る時には、「様」を「御中」に変える必要があります。

企業名や部署宛ての場合

お届け先が「株式会社○○」や「○○部」など企業名や部署名である場合は、「様」を二重線で消して、「御中」と書き加えます。

「お」や「様」の消し込み、または「御中」への修正は、多くの人がマナーとして身につけている訳ではありません。

そのため、これらがマナー違反だと感じることは少ないですが、きちんと修正されている場合は「丁寧な対応をする方だ」と感じますよね。

個人担当者や個人名宛ての場合

企業内の担当者や個人名宛ての場合は、「様」をそのまま使用します。

個人から送る場合、マナーを完璧にする必要はないかもしれませんが、適切なマナーを守ることはやはり良い印象を与えます。

「御中」や「様」の使い分けを知っておくと役立つでしょう。

レターパック利用時の基本マナーまとめ

郵便局

レターパックは、ビジネス用途に限らず個人利用にも大変便利な郵便局のサービスです。

このサービスの特徴として、依頼人や受取人の欄には予め「様」という敬称が印字されていますが、ビジネスシーンではこの「様」を消すのが一般的です。

個人利用時には、このマナーが厳しく求められるわけではありませんが、それでも「様」を消すことで好印象を与えることが可能です。

「おところ」の「お」や「ご依頼主」の「ご」も同様に、消しておくと良いでしょう。

また、お届け先が企業である場合は「御中」を、特定の個人宛てであれば「様」を使用するのが適切です。

レターパックはビジネスシーンで安心して使用できるアイテムですが、これらのマナーは個人利用時にも実践すると良いでしょう。

日頃からこれらのポイントを意識することをお勧めします。

ブログランキング参加中

記事が参考になりましたら、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA