グッズ

くもん「さいしょのはってみよう」で、2歳児と短時間で楽しく知育!

保育園に子供を預けて働いていると、毎日忙しくて、子供と触れ合う時間がなかなか取れないですよね。

帰宅したら、晩御飯を食べてお風呂に入れて、あっと言う間に寝かしつけ。

そろそろ「のり」や「えんぴつ」の練習もさせたいけれど、そんな時間なかなか取れないな…とお困りのあなたにぴったり!

くもんの「さいしょのはってみよう」をご紹介します。

「さいしょのはってみよう」とは?

くもんから出版されている幼児ドリル、「おやこのファーストステップ」シリーズの一冊です。鉛筆を持つ為に必要な、指先の力をつけることができます

「さいしょのはってみよう」は、シールやのりを使って紙に貼る動きを練習し、指先の力をつけるドリルです。

ドリルの前半は、シールを貼る動きを練習します。シールを台紙からはがして、狙った所に貼るだけでも2歳児には難しいものです。

慣れてきた頃に、のりで貼る作業が始まります。貼るものは、親が切り取って子供に渡します。

自由に貼っていいところから、ページが進むに連れて難易度が上がってきます。

段々と貼る範囲が決まってきて、最後には指定された場所にぴったり貼るようになります。

ドリルの大きさは、くもんの他の幼児ドリルよりも小さいA5サイズ。鞄に入るサイズなので外出先にも持って行くことができます。

おすすめポイント

  1. 1ページが短時間で簡単に終わる
  2. スモールステップで力がつく
  3. 貼った後も楽しめる
  4. 飽きないイラスト

1ページが短時間で簡単に終わる

子供の作業自体は1ページ1分で終わるので、忙しくて時間がない場合にも継続していくことができます。

継続することで子供の指先の力がつくだけでなく、子供に向き合って、子供と一緒に取り組む『触れ合いの時間』を毎日作ることができます。

スモールステップで力がつく

少しずつ難易度が上がっていくので、いきなり難しくなってできなくなってしまうことはありません。

最初はシールを自由に貼るだけのところから始まるので、少し物足りなく感じるかもしれませんが、指先の力を着実につけるために必要なステップです。

少し簡単だなと思えるぐらいの難易度で、できた!と満足しながら継続できます。

貼った後も楽しめる

ページ毎にストーリーがあります。

貼る前には「ここはどこだろう?」「これは何だろう?」

貼った後には「何て言ってるのかな?」「どう思うかな?」などと投げかけてみると、想像力を育むことができます

うりぼー
うりぼー
たまに息子から面白い答えが返ってきて、子供はこんなことを考えているんだと驚かされます。

飽きないイラスト

子供向けの可愛いイラストが使われていますが、ページ毎に絵のタッチが異なるので飽きがきません

同じ『のりもの』ジャンルでも、続いているページの作者は異なるので、毎日新しさがあります。

我が家の実践例

「さいしょのはってみよう」を進めていく上で、いくつかのきまりを作りました。

  • 毎日1ページまで
  • できない日は無理にやらなくてもいい
  • 貼る前と貼った後に話をする
  • 自由に楽しく取り組む

上の2つは息子にも伝えてあること、下の2つは私が心掛けていることです。

息子はシール貼りが大好きなので、どんどん次のページをやりたがります。しかし、継続して進めていくことが大事なので、1日1ページと決めています。

うりぼー
うりぼー
毎日続けることは、将来、学校に上がった時の学習習慣の下地作りになります。

ただ、どうしても余裕が無い日には無理にやりません。無理に時間を作ろうとして、慌てたりイライラしたりすることは良いことではないからです。

決められたことではなく自主的な学習なので、楽しく続けていくことを第一に取り組んでいます。

息子
息子
いっぱいお話しながら、楽しく貼ってるよ!

まとめ

2歳児と一緒に取り組める「さいしょのきってみよう」をご紹介しました。

1日のページ数を決めて毎日継続して進めていくことで、鉛筆を持つ為に必要な指先の力や学習習慣の下地が身に付きます。

親子での触れ合いの時間にもなり、楽しみながら進めいける、くもんの「さいしょのはってみよう」。

忙しくても手軽に続けることができるので、是非、試してみてくださいね!

こちらもおすすめ
2歳児のと短時間で楽しく知育!くもん「さいしょのぬってみよう」

ブログランキング参加中

記事が参考になりましたら、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA