グッズ

くもんのこどもえんぴつとは?ファースト鉛筆におすすめしたい4つの理由

くもんこどもえんぴつ
うりぼー
うりぼー
こんにちは。幼児と小学校を繋ぐ2児ママteacher、うりぼーです。

お子さんが初めて使う鉛筆を選ぶ時、何を選んだらいいのか悩みますよね。

鉛筆について聞かれたら、私はいつも、くもんのこどもえんぴつをおすすめしています。

こどもえんぴつには、小学校入学までに正しい持ち方ができるようになる、たくさんの魅力があるんですよ。

くもんのこどもえんぴつのおすすめポイントと、実際の効果をご紹介します。

くもんのこどもえんぴつとは?

くもんから販売されている、幼児用の鉛筆です。

軸が太めで三角の形をしているので、小さなお子さんでも握りやすく、正しい持ち方で鉛筆を持つことができます。

一箱に6本入っていて、定価は420円。

つまり、一本70円。

鉛筆にしてはお高い値段ですが、値段が高いのに売れているのは、きちんとした理由があります。

こどもえんぴつをおすすめしたい4つの理由

お子さんが初めて使うファースト鉛筆として、くもんのこどもえんぴつをおすすめしたい理由は4つあります。

  • 正しい持ち方が身に付く「軸」
  • 濃い線が書ける「硬さ」
  • 正しい位置が身に付く「長さ」
  • サポートアイテムが充実

正しい持ち方が身に付く「軸」

ちょっとスマホやマウスを置いて、鉛筆を持つ真似をしてみてください。

人さし指と中指と親指で囲まれた部分が、三角になっていますよね?

くもんのこどもえんぴつは、正しい鉛筆の持ち方をした時の三角の形に合わせて、軸が三角になっています。

息子
息子
だから、正しい持ち方が身に付きやすいよ!

そして、こどもえんぴつの軸は、直径が0.9cmと太めになっています。

専用の鉛筆削りが無くては削れない程の太さですが、この太さがあるおかげで、とても握りやすくなっているんです。

太めの直径と、軸が三角の形になっていることによって、正しい持ち方で持つことができるのです。

濃い線が書ける「硬さ」

くもんのこどもえんぴつは、6B・4B・2Bの3つの硬さから選ぶことができます。

この6Bや4Bが何を表しているのか、ご存じでしょうか?

実は、鉛筆の芯の表示は、芯の硬さを表しています。

一番柔らかいのは、6Bです。

芯が柔らかいほど字が太く濃くなり、硬いほど細い線をひくことができます。

つまり、くもんのこどもえんぴつで取り扱っている6Bというのは、一番芯が柔らかく、手の力が弱い小さなお子さんでも、太くて濃い線を書ける硬さなのです。

うりぼー
うりぼー
始めて鉛筆を持つお子さんや、まだ手に力が上手く入らないお子さんには、6Bの鉛筆から選んであげるのがおすすめです。

濃い線が書けるようになってきたら、4Bや2Bへとステップアップしてあげましょう。

ちなみに小学校では、2Bの鉛筆を使います。

入学前には、2Bで濃い線が書けるようになっているといいですね。

正しい位置が身に付く「長さ」

芯の硬さに対応して、鉛筆の長さが違います。

6Bは12cm、4Bは15cm、2Bは17cmです。

2Bの17cmになると、普通の鉛筆と変わりない長さになってきますが、6Bや4Bは短いです。

長い鉛筆を持たせるのは危ないという安全面もありますが、長さが短いおかげで、鉛筆を持つ位置が固定されるんです。

鉛筆は、持ち方だけではなく、持つ位置も重要になってきます。

あまり上を持ちすぎると力が入らないので、削り際を持つことがポイントなんです。

鉛筆が長すぎると、小さいお子さんは鉛筆の真ん中か端っこを持ってしまいがち。

6Bや4Bのこどもえんぴつなら、お子さんの手の大きさにぴったりなので、削り際に近いところを自然と持てるようになっているんです。

サポートアイテムが充実

こどもえんぴつは、芯の硬さが3種類から選べるだけでなく、えんぴつをサポートするアイテムも充実しています。

まずご紹介したいのが、もちかたサポーターです。

くもんのこどもえんぴつ専用のサポーターになっています。

ただ指を添えるだけで、鉛筆を正しく持つことができるようになります。

サポーターを使って上手く書けるようになってきたら、サポーター無しで持たせてみましょう。いつの間にか、上手に持てるようになっていますよ。

 

鉛筆が短くなってきたら、三角えんぴつホルダーがあります。

短くなった鉛筆をさすことで、ある程度の長さにして再び使うことができます。

こどもえんぴつと同じ三角の形なので、鉛筆の持ち方をサポートする機能はそのままです。

この他にも、専用の鉛筆削り(フタ付き)や、同じ形の色鉛筆も発売されています。

くもんのこどもえんぴつを使うには、専用の鉛筆削りが必要です。

実際に、こどもえんぴつを使ってどうだった?

我が家は、3歳の息子のファースト鉛筆にくもんのこどもえんぴつ6Bを選びました。

実は最近まで、こどもえんぴつの効果をあまり感じられなかったのですが、指先の力が強くなってきたら効果が出てきました。

実際に一年以上使用してみて、持ち方や筆圧はどうなったのかをご紹介します。

使い始めた頃

息子は2歳から、鉛筆を使ってくもんの「はじめてのおけいこ」をやり始めました。

楽しそうなおけいこワークに、自分専用の鉛筆。

はりきっておけいこワークをやり始めましたが、6Bでどうしてそんなに薄くなる!?と驚くぐらい、薄い線しか書けませんでした。

クレヨンを持ってお絵かきするのは好きだったものの、鉛筆を握る手には力が入りません。

正しい鉛筆の持ち方で鉛筆を持たせても、線を書いているうちに鉛筆が向こう側に倒れてしまい、芯が自分の方を向いている状態になっていました。

そんな調子だったので、使い始めてからしばらくは、か細い線しか書くことができませんでした。

鉛筆をもっとしっかり握らせようとしても、体の違う所に力が入ってしまい、握る力を強めることはできない様子でした。

3歳になってから

3歳になると、少しだけ濃い線が書けるようになってきました。

ただ、書いているうちに鉛筆が向こう側に倒れてしまう癖は、なかなか抜けません。

最初に正しい持ち方で持たせても、書いているうちに持ち方が変わってしまっていました。

最近の様子

4歳が近づき、指先の力がついてきた最近では、持ち方がだいぶ上達してきました。

始めに正しい持ち方を教えてあげると、そのままの持ち方で線を書けるようになってきました。

正しい持ち方で持つと手が疲れないので、おけいこワークを4Pほど集中してこなせるようになりました。

自分で鉛筆を持たせた時に、自然と鉛筆の削り際を握るようになったのも嬉しい変化でした。

持ち方や位置が正しくなってきたので、とても濃い線が書けるようになってきました。

自分の書いた線がよく見えるようになったので、なぞった文字を嬉しそうに見ています。

  • 指先に力が入るようになると、自然と正しい位置で正しい持ち方をキープできるようになった。
  • 濃い線が書けるようになった

こどもえんぴつを上手に持てるようになった今でも、外出先で置いてある普通の色鉛筆を使うと、持ち方や位置が崩れてしまいます。

うりぼー
うりぼー
まだまだ我が家では、こどもえんぴつが活躍しそうです。

まとめ:お子さんの最初の鉛筆は「くもんのこどもえんぴつ」できまり!

こどもえんぴつ まとめ

「くもんのこどもえんぴつ」のおすすめポイントと、実際に使ってみた効果をご紹介しました。

おすすめポイント
  • 正しい持ち方が身に付く「軸」
  • 濃い線が書ける「硬さ」
  • 正しい位置が身に付く「長さ」
  • サポートアイテムが充実

実際に3歳の息子に使わせてみたところ、指先に力が入るようになると、こんな効果がありました。

  • 自然と正しい位置で正しい持ち方をキープできるようになった。
  • 濃い線が書けるようになった。

始めて鉛筆を使うお子さんの為に、形や長さが考え抜かれている「くもんのこどもえんぴつ」

ファースト鉛筆に、是非おすすめですよ!

ひらがな 書き方
幼児にひらがなの書き方を教えたい!教え方は?いつから教えるのがベスト?お子さんがひらがなを読めるようになってくると、今度は書き方を教えたくなりますよね。 周りの子が自分の名前を書いている所を見ると焦っ...
ブログランキング参加中

記事が参考になりましたら、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA