暮らし PR

家庭でのニット洗濯時の伸び・縮みの原因とその対処法

家庭でのニット洗濯時の伸び・縮みの原因とその対処法
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

家でニットを洗濯するとき、「伸びる」「縮む」といった意外な変化が起こることがあります。

実は、ニットが洗濯で伸縮するには、それぞれ違う理由があるのです。

ニットが伸びたり縮んだりする原因を把握し、適切な洗濯方法や干し方をしないと、ニットはすぐに傷んでしまいます。

ここでは、ニットが伸縮する理由と、洗濯上の失敗を避けるためのポイント、そして洗濯で形が変わってしまったニットを元の状態に戻す方法を紹介します。

ニットの洗濯による伸びとその予防方法

ニット

ニットが伸びる主な理由は2つあります。

  • 型崩れ
  • 干し方

型崩れ

最初の要因は、ニットの形が崩れることです。

繰り返し着用することで素材が摩耗し、襟や袖の伸びや全体の形の崩れが起こり得ます。

さらに、洗濯時のケアを怠ったり、洗濯ネットを使わないことで繊維が損傷し、伸びやすくなることもあります。

使用と洗濯を繰り返すと、形崩れや生地の伸びが起こります。

これを防ぐためには、使用後の適切なケアと洗濯が必要です。

着用後はニットの形を整えて陰干しし、たたんで保管することが望ましいです。

軽いニットならハンガー干しも可能ですが、ニットは重みで伸びる可能性があるため、ハンガーでの干しは避けた方が良いでしょう。

洗濯する際には、洗濯表示を守ることが重要です。

クリーニング指定がある場合は、洗濯機や手洗いを避け、専門のクリーニングサービスを利用しましょう。

自宅で洗濯すると、ニットの柔らかさを損なったり、伸縮や形崩れ、生地へのダメージを引き起こすリスクがあります。

洗濯機や手洗いが可能な場合でも、形を整え、洗濯ネットに入れ、他の衣類との摩擦を避けながら優しく洗います。

洗剤はデリケート用を使用し、洗濯機で洗う場合はドライコースを推奨します。

干し方

干し方については、ニットは基本的に平干しが適しています。

水を含んだニットは重くなり、ハンガー干しすると網目が伸びやすくなります。

そのため、平干し用のハンガーを使って平らに干すことが最適です。

これは100円ショップでも購入できます。

ただし、平干しはスペースを多く取ります。

専用のハンガーがなくても、直射日光を避けて、平らなスペースに干せば問題ありません。

洗濯時にニットが縮む理由と対処法

ニット

ニットの縮みは主に洗濯中の繊維の摩擦によって起こります。

特に、水分を吸収した状態で洗濯機が回転する際や、他の衣類との摩擦により繊維が絡み合い、縮みが生じることがあります。

ウールやカシミヤなどの動物の毛から作られたニットは特に縮みやすく、通常はクリーニング専用と表示されています。

自宅での洗濯には失敗のリスクが高いため、洗濯表示に従うことが大切です。

乾燥機の使用や直射日光の下で干すことも、ニットを縮ませる原因となります。

直射日光は黄ばみを引き起こすこともあるため、風通しの良い場所で陰干しすることが推奨されています。

このような洗濯方法に不安がある場合は、クリーニングに出すのが最も安全です。

大切なニット製品を洗濯でダメージから守るために、プロに任せることをお勧めします。

ニットの伸びや縮みを修復するテクニック

アイロン

ニットの伸縮を直す方法を2つご紹介します。

  • お湯やアイロンを使う
  • アイロンのスチームを使う
  • ヘアトリートメントを使う

お湯やアイロンを使う

伸びてしまったニットを直す方法の一つに、伸びた部分に熱を加える手法があります。

具体的には、お湯をかけたり、アイロンを使ったりしてからドライヤーで乾かします。

この方法は、熱によって繊維が縮んで元の形に戻るという原理に基づいています。

ただし、ニットの種類や状態によっては、この方法でうまくいかないこともあります。

特に、縮みを細かく調整するのが難しく、思った通りに仕上がらない場合もありますので、使わなくなった衣類で試すのが良いでしょう。

アイロンのスチームを使う

縮んだニットを元のサイズに戻す方法としては、ウールやその他の動物毛のニットにアイロンのスチーム機能を使う方法が有効です。

スチームをかけながらゆっくりと伸ばしていくことで、ニットを元の形に近づけることができます。

ただし、アイロンが直接ニットに触れないよう注意が必要です。

ヘアトリートメントを使う

縮んだニットを戻す方法としては、ヘアトリートメントを使用した方法もあります。

35度から40度のぬるま湯にトリートメントを溶かし、ニットを浸して十分に液を染み込ませた後、軽く絞って水分を取り除き、形を整えて陰干しします。

この方法を試す場合、「ジメチコン」を含むトリートメントを選ぶことが重要です。

ジメチコンはニットの縮みを修正するのに効果的な成分ですが、含まれていないトリートメントでは効果が得られないことがあるため、注意が必要です。

まとめ:洗濯によるニットの伸びや縮みの原因と対処法

ニット

洗濯や干し方によってニットが伸びたり縮んだりすることがあります。

洗濯時には、製品の洗濯表示に従うことが非常に大切です。

手洗いや洗濯機使用が不適切な製品は、専門のクリーニングサービスを利用しましょう。

自宅で洗えるニットには、デリケート用の洗剤を使い、摩擦を減らすために洗濯ネットを使用して優しく洗います。

干すときは、水分を吸ったニットが重くならないように平干しをすることが肝心です。

乾燥機の使用や直射日光下での干しは避け、風通しの良い場所で陰干しすることが望ましいです。

お手入れは少々手間がかかるかもしれませんが、愛用のセーターやカーディガンを長持ちさせるために、これらのポイントを参考にしていただければ幸いです。

ブログランキング参加中

記事が参考になりましたら、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA