暮らし PR

内向的だけど「慣れると活発に話せる」!内向性を克服する心理学テクニック

内向的だけど「慣れると活発に話せる」!内向性を克服する心理学テクニック
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

内向きな性格の人にとって、新しい環境に馴染むことは大きな挑戦です。

学校への入学や新しい職場への就職、引っ越しなど、新しい出会いの機会は多くあります。

外向的な人にとってはこれらがエキサイティングな経験になる一方で、内向的な人には不安をもたらすこともあります。

でも、「自分は内向的だ」と思いつつも、「慣れたら話せるようになる」と感じる人は少なくありません。

「こんなに話好きだったとは!」と周囲を驚かせることもあります。

実際、内向性の背後には、性格よりも自己評価の低さなど心理学的な要因が深く関わっています。

内向的な人は、他人と話している時も、意識が相手ではなく自分に向いてしまいがちです。

うりぼー
うりぼー
この意識を相手に向けることで、内向性の克服に向けた一歩を踏み出せます。

この記事では、内向性の心理とその克服方法について、もっと詳しく解説します。

内向きな自分を変えたい!心理学から見る内向性の理由

内向的

あなたが「内向的」な理由は何でしょうか。

内向性に影響を与える心理的要素としては、以下のようなものがあります。

  • 自己評価の低さ
  • こだわりの強さ
  • 他人依存の傾向

自分を低く見てしまう人は、よく他人からの肯定を求めることがあります。

「話すのが苦手だ」と思う人は、「自分の話し方の悪さを隠したい」「もっとうまく話さなきゃ」と考えがちです。

こうして他人の目を気にし、苦手意識を強めてしまいます。

さらに、「自分はこうあるべき」という強いこだわりを持っている人もいます。

このこだわりが揺らぐきっかけの一つに「新しい出会い」があります。

見知らぬ人に対する不安から、他人との関わりを避けてしまうのです。

「こんな風に思われたくない」「傷つきたくない」という防衛本能が働くのですね。

内向的な人によく見られるのが「受け身の態度」です。

他人から話しかけられるのを待ち、自分からは行動を起こしにくいです。

これは他人への依存を意味しています。

「誰かが話しかけてくれないかな」と思うことは悪いことではありませんが、相手も同じことを考えていることもあります。

「それではどうすればいいの?」と思う人も多いでしょう。

背景を理解した上で、それを変えなければ内向性は改善されません。

自分の「心」に注目してみましょう。

内向性の改善方法!変化のきっかけと有効な手法

丸

内向性は、実際に改善することができるのでしょうか。

答えは「はい」です。

「以前は内向的だったけど、今は違う」と感じる人もいるんです。

改善の始まりは「心の持ち方を変えること」。

先に挙げた3つの心理的要因を解消していくんです。

では、具体的にどうすれば良いのかというと、それは「ポジティブに考えること」。

つまり「ネガティブな思考をやめる」ことが重要です。

「私は内向的だ」という自己認識を変えてみましょう。

それが難しいから内向的なのよー!

こんな風に思う人もいますよね。

でも、ちょっと考えてみてください。

初対面の人に対して、どれだけ期待していると思いますか?

「この人はきっと話が上手い」「完璧な人に違いない」と思う人はほとんどいないですよね。

だから安心してください。

初対面のあなたに対して、あなたが思うほどの期待はされていないんです。

「失敗したらどうしよう」「笑われたら」「言葉に詰まったら」という心配は捨て去りましょう。

言葉に詰まったら、「あ、ちょっと詰まっちゃった!」と笑い飛ばせばいいんです。

うりぼー
うりぼー
私の場合、言葉に詰まった時は、「あ、ちょっと待って。もう一度いい?」と軽く声がけします。

ビジネスシーンでは難しいかもしれませんが、友だちとの会話では、これが「話しやすい雰囲気」を作ることにつながります。

失敗は、自分が思うほど大きなものではありません。

だからリラックスしましょう。

自分に自信を持つことも大事です。

「私はできる」と自分自身に言い聞かせると、本当に上手くいくことがあります。

でも、無理に神経質になる必要はありません。

「普段通り話せる」とリラックスして考えるのがいいですよ。

内向性の場合、ほとんどが「自分」に焦点が当たっています。

  • 「自分は話が苦手」
  • 「自分はこうあるべき」
  • 「自分からは行動しない」

これらはすべて「自分」を中心にしています。

そこで、相手を中心に考えることが大事です。

「自分は内向的だ」と思っているのを、「あの人はどんな人なのかな」と相手に興味を持ってみましょう。

相手に興味を持つことで、自然と行動を起こすきっかけが生まれるかもしれません。

まとめ:内向性を見直そう

微笑む女性

内向性の背景は深く、さまざまな要素が関わっています。

この記事では、シンプルな方法からのアプローチを紹介しました。

それは「どこに意識を向けるか」です。

内向性の改善の第一歩は、自分に集中しすぎる意識を他人に向けることから始めます。

「自分は内向的だ」という固定観念を捨てることも重要です。

内向性を改善したいと思っても、自分自身が変わる努力をしなければ、なかなか改善は難しいです。

まずは、ここで紹介した方法を試してみてください。

そうすれば、内向性が改善し、より多くの人々と良い関係を築くことができるようになるでしょう。

ブログランキング参加中

記事が参考になりましたら、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA