ワーママ PR

自転車での学童お迎えは困難?遅れる時の3つの解決策!

自転車での学童お迎えは困難?遅れる時の3つの解決策!
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
自転車で学童にお迎えに行ける?
学童のお迎えに間に合わない時はどうしたらいい?
近くに親戚も頼れる友達もいない!学童のお迎えに間に合わないなら、仕事を辞めるしかないのかな…

現代では多くの家庭で、両親がフルタイムで働き、子供が小学生になると学童保育を利用することが増えています。

学童保育は早い時間に終わるため、仕事が終わってから急いで子供を迎えに行くことはよくあることです。

自転車で急げば時間内に着けますが、帰りに子供を自転車に乗せるのは法律的に問題があります。

特に小学校に上がると、自転車の二人乗りは許されないため、学童保育から家までは徒歩で帰ることが推奨されています。

この時間を利用して、子供と学校での話をするのは良い時間です。

しかし、もし学童保育のお迎えに間に合わない場合はどうしたらいいのでしょうか?

この記事では、以下の内容について詳しく説明します。

  • 学童保育のお迎えに間に合わない場合の3つの解決策
  • 自宅での留守番について

学童のお迎えに間に合わない可能性がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「学童でのお迎え遅刻」対処法は?

多忙な親御さんにとって、学童は子供を安心して預けることができる場所として重宝されています。

通常、これらの施設は夕方の18時から19時に閉館しますが、それ以降も開いている場所は少ないです。

そこで問題なのが、お迎え時間に間に合わない時です。

何度も遅刻を繰り返すと、学童からの退所が必要になることもあります

これらの施設では、基本的には指定された時間に終了し、延長保育などのサービスは提供されていません。

ただし、一度や二度の遅刻で子供を外に出すことはありません。

それでも、遅刻が頻繁になると、退園を余儀なくされることがあります。

そのため、お迎えに間に合わない場合の対策を事前に考えておくことが大切です。

ここからは、3つの対策をご紹介していきます。

  • 親戚による支援の活用
  • 地元の友人へのサポート依頼
  • ファミリーサポートサービスの有効活用

親戚による支援の活用

親戚

近くに住む祖父母や他の親戚がいれば、子供のお迎えを手伝ってもらうことが一番です。

親戚なら、子供を安心して預けられる上、頼みやすいでしょう。

では、近くに親戚がいない場合はどうしたらよいでしょうか。

地元の友人へのサポート依頼

友達

住んでいる地域に友人がおり、同じ学童保育を使っている場合、緊急時にはその友人に子供のお迎えをお願いするのも良い方法です。

互いに支え合うことで、子育ての負担を軽くすることができます。

友人からのサポートを受けた時は、感謝の気持ちを表し、友人が困った時には援助を返すことも大切です。

このように地域コミュニティで互いに支援し合うことは、子育てにとって大きな助けになります。

では、親戚も友人もいない場合は、どうしたらいいのでしょうか。

ファミリーサポートサービスの有効活用

サポート

もし学童保育のお迎えに間に合わない時は、地域のファミリーサポートサービスを利用してみるのも一つの手です。

自治体が提供するベビーシッターのようなサービスで、専門のスタッフが子供の面倒を見てくれます。

このサービスは学童保育のお迎えだけでなく、子供の留守番や習い事の送迎など、様々な場面で役立ちます。

うりぼー
うりぼー
利用料金も一回数百円から千円程度と手頃で、経済的な負担も少ないです。

このようなファミリーサポートサービスを使う際には、事前にスタッフと会って話をします。

合わないと感じた場合には、スタッフを変更してもらうことも可能です。

自治体のサービスなので、安心して子供を任せられますね。

学童保育の送迎は大人必須、自宅留守番も選択可

カメラ

学童保育を利用する場合、子供をほったらかしにはできません。

閉所時間までに必ず大人が子供の送迎を行う必要がありますが、仕事の残業などで送迎が間に合わないこともあります。

そんな時は、学童保育をやめて自宅で子供に留守番をさせるという選択も考えられます

自宅留守番は子供の自立心を養うメリットがある一方で、安全面や防犯に関する心配もあります。

しかし、現代の技術を活用すればこれらの問題も解決できます。

たとえば、スマートフォンと連動するカメラで家を見守ったり、インターホンの録画機能を使うこともできます

これにより、子供が留守番している間も安全を守ることが可能です。

うりぼー
うりぼー
家庭の状況に応じてファミリーサポートサービスの利用も考えられます。

最適な方法は家庭によって異なるので、家族でよく話し合い、最良の選択をしてください。

まとめ:学童の送迎と安全確保のポイント

学童

子供を自転車で学校へ送る場合、帰りは歩いて帰るのが好ましいです。

学童のお迎えは時間内に行うようにしましょう。

もし仕事が長引いてしまう時は、祖父母や近所の友人に相談したり、子育て支援サービスの利用を検討すると良いでしょう。

また、仕事の関係で学童を利用できない場合は、自宅での留守番を子供に任せることも選択肢です。

この際には、カメラやスマートフォンを活用して安全面に配慮しましょう。

学童の利用や子供の留守番に際しては、家庭に合った方法で子供の安全を確保することが大切です。

ブログランキング参加中

記事が参考になりましたら、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA