病気・怪我

指しゃぶり防止グッズは簡単に作れる!ケガをしたときにおすすめ

指しゃぶり防止グッズ

赤ちゃんが指にケガをしてしまった!

指しゃぶりが続いて、指に傷ができてしまった!

こんな時、何とかして今すぐ指しゃぶりを止めさせたいですよね。

ずっと見ている訳にもいかないし、指しゃぶりをやめさせようとすると泣き出すし、途方に暮れてしまいます。

今回ご紹介するグッズを腕につけることで、赤ちゃんの指が口に届かなくなり、今すぐ指しゃぶりを防止することができますよ。

手軽に入手できる材料を使って自宅で簡単に作れる、指しゃぶり防止グッズをご紹介します。

指しゃぶり防止グッズの効果

起きていても寝るときも、常に指しゃぶりをしていた娘。

指しゃぶりのしすぎで爪の横が化膿しました。

皮膚科で切開して膿を出してもらい、毎日塗り薬を塗ることになりました。

しかし、目を離すと指が口に入ってしまういます。

うりぼー
うりぼー
上の子もいるし、ずっと見てる訳にはいかないし、どうしたらいいだろう…

と悩んでいる私に、皮膚科の先生が、指しゃぶりを防止するヒントをくれました。

そのヒントを元に防止グッズを作って、指しゃぶりを一週間防ぎ続けた結果…

膿がたまらなくなり傷跡もキレイさっぱりなくなりました

それどころか、あんなに気になっていた指しゃぶりを全くしなくなりましたよ!

娘
もう指しゃぶりしなくても平気よ!
  • 指しゃぶりを防げる
  • 指しゃぶりをしなくなる

指しゃぶり防止グッズ

指しゃぶり防止グッズ

カップ麺の容器を使った、指しゃぶり防止グッズです。

腕を曲げても指が口まで届かないので、指しゃぶりできません

手や指先は自由に動かせるし、ヒジや肩も動かせます。できないのは、手を口に持ってくることだけ

うりぼー
うりぼー
動き回っても、ずれない!壊れない!

うちの娘は、装着する前よりもたくさん動き回っていました。

 

家にあるものだけでササッと作ることができて、意外と頑丈。

安全に指しゃぶりを防止することができますよ。

指しゃぶり防止グッズの作り方

まずは材料をご紹介します。

材料・用具
  • カップ麺の容器(強度と大きさ的に、カップヌードルがおすすめ)
  • 包帯4.5m(100均で買えました)
  • キッチンペーパー
  • ラップ
  • セロハンテープ
  • カッター

それでは、作り方です。

1.底を切り抜く

カップ麺の容器の底をカッターで切り抜きます。

2.キッチンペーパーで覆う

キッチンペーパーを2枚使って、容器の周りを覆い隠します。

ずれないように、セロハンテープで止めます。

3.ラップで覆う

カップラーメンの容器の高さ×2倍より少し長くラップを切って、キッチンペーパーの上から覆います。

繋ぎ目をセロハンテープで止めます。

もう1枚ラップを切って、隙間なく全体を覆います。

このとき、ラップとラップが重なってる部分の端をセロハンテープでしっかり止めましょう。

始めはぴったりくっついているラップですが、赤ちゃんがつけて動くと、重なってる部分が剥がれてきてしまうのです。

全部巻き終わると…

指しゃぶり防止グッズ ラップ巻き終わり

こんな感じになります。

うりぼー
うりぼー
カメラが勝手に補正してしまうので湯呑み型に見えますが、実際は末広がりの形です。

4.包帯を切る

包帯を30cmぐらい切ります。残りの包帯はそのまま。

5.長い包帯を結ぶ

容器の底面が上にくるように置きます。

指しゃぶり防止グッズ 長い包帯

本体に長い方の包帯を結びます。包帯は半分に折った状態(2本どり)で使います。

カップ麺容器の中を通して、結び目が底面側に来るように結びます。

6.短い包帯も結ぶ

指しゃぶり防止グッズ 短い包帯

長い包帯を結んだ場所の半周向こう側に、短い包帯を結びます。

短い包帯は半分に折らずにそののま使います。結びかたは長い包帯と同様です。

7.完成

指しゃぶり防止グッズ 完成形

これで完成です。あとは腕に通して結びます。

指しゃぶり防止グッズの着け方

指しゃぶり防止グッズをつけるときには、着け方のコツがあります。

着ける手順をご紹介していきます。

1.用意

どちらの包帯も外側に出しましょう。

2.腕を通す

指しゃぶり防止グッズ 腕を通す

結び目がある底面側から腕を通します。長い包帯側の結び目が脇の下にくるようにします。

3.長い包帯を結ぶ

指しゃぶり防止グッズ 結び方

片方は胸側、もう片方は背中側を通って結びます。

このとき、脇の下で結ぶよりも、少し背中側で結んであげるといいでしょう。

4.短い包帯を結ぶ

指しゃぶり防止グッズ 短い包帯結び方

短い包帯を腕の前と後ろに持っていき、長い包帯に結びます。前後2箇所で止めるので、なかなかずれませんよ。

5.装着完了

指しゃぶり防止グッズ 装着

これで、いくら動いても取れません!

包帯は伸縮性があるので、動いたら突っ張って痛いということもありません。

指しゃぶり防止グッズの外し方

取り外す方法をご紹介します。

1.包帯の結び目をとる

長い包帯の結び目だけを取って、短い包帯の結び目はそのままにしておくと、また装着するときに楽です。

2.防止グッズから腕を抜く

勢いよく取ると、ラップが剥がれてしまいます。ゆっくり抜きましょう。

これで取り外しができました。

まとめ

赤ちゃんの指

指しゃぶり防止グッズの作り方と使い方をご紹介しました。

とても効果があるグッズですが、カップ麺の容器と自宅にある物を使って、とても簡単に作ることができます。

これを作ったおかげで、目を離しても指しゃぶりしないし、保育園にも預けることができました。

赤ちゃんが指にケガをして困ったときに、ぜひ試してみてくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキング参加中

記事が参考になりましたら、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA